「まだ見ぬ敵はそこにいる」ジェフリー・アーチャー著 戸田裕之訳

公開日: 更新日:

 ジェフリー・アーチャーほど「波瀾万丈」という言葉が似合う作家はいない。オックスフォード大学卒業後、保守党から立候補し、最年少下院議員として当選。以降、連続当選を果たすが、詐欺事件に引っかかって全財産を失う。その経験をもとに書いた小説「百万ドルをとり返せ!」がベストセラーとなり、政界に復帰。その後コールガール・スキャンダルをすっぱ抜かれるも勝訴し、貴族院議員に。しかし、スキャンダル裁判の偽証罪で実刑判決。この経験も小説にして社会復帰を遂げるというジェットコースターのような人生だ。本書は社会復帰後の新シリーズ警察小説の第2作。

【あらすじ】ロンドン警視庁のウィリアム・ウォーウィック捜査巡査は、前作でレンブラント盗難事件を解決したことが認められ、捜査巡査部長に昇進。部署も美術骨董捜査班から新設の麻薬取締独立捜査班へ異動となった。

 任務は、ロンドンの売人の半数を牛耳っている麻薬王、通称“蝮(ヴァイパー)”の正体をつかみ逮捕すること。アッセム・ラシディという食品輸入会社の会長がヴァイパーだと目星を付けたウィリアムはラシディの行動確認をするがなかなかボロを出さない。

 そこへ、前作で追い詰めた希代の美術品窃盗詐欺師、マイルズ・フォークナーがまたしてもウィリアムの前に立ちはだかり、さまざまな策略を仕掛けてくる。片や大物麻薬密売人、片や大物詐欺師、さらには恋人のベスとの結婚も控えているウィリアムは、なんとかこの難局を打開すべく奮闘する……。

【読みどころ】アーチャーならではの二転三転、どんでん返しの仕掛けがたっぷりで抜群の面白さ。その健在ぶりを示している。年末には第3作の邦訳が刊行予定とのこと。 〈石〉

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1060円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか