「人間関係を半分降りる」鶴見済著

公開日: 更新日:

 近ごろ人間関係で窮屈さを感じることが増えた。共通の友人も多い知り合いが、しつこく絡んできたり自分の意見を押し付けてくる。一度腹を割って話すべきか……。

 しかし本書を読み、その考えを改めた。ベストセラーとなった「完全自殺マニュアル」の著者は、人間関係はもっと楽に、少し離れてつながるぐらいでいいと述べ、“半分降りる”方法を教えてくれている。

 昭和の頃は腹を割って話すことが大切だとされてきた。取っ組み合いの後でがっちりと握手、という漫画のアレだ。しかし、現実でケンカをすれば言われたことがいつまでも心に刺さり、関係修復不可能になってもおかしくない。嫌な感じのする相手とは距離を置くという自衛策で自分の心を守る。これは決して悪いことではないと著者は言う。

 しかし、いきなり無視をするわけにはいかない。そこで、最低限の挨拶や返事はしつつ、話題を広げない接し方をするといいと本書。そしてSNSなどは見ないようにして、相手を思い浮かべる時間や回数を減らす。「心の距離」を取っていくのだ。なるほど、確かに今まで、嫌な相手ほど頭に思い浮かべる時間が多かった。しかし心の距離を離していくと、相手への気持ちも鎮火されていくようだ。

 また、家庭と職場以外に、人とゆるく付き合うつながりの場をつくるのもいいらしい。居場所が少ないと、人間関係が窮屈な場でも離れられなくなるためだ。

 そこで、町内会の会合や趣味の集まりにも顔を出し、ゆるい居場所を増やしてみた。すると、嫌なことがある居場所から気軽に離れられるようになった。窮屈な人間関係は自分の心掛けひとつで解消される。もっと身軽に生きてよいのだ。 <浩>

(筑摩書房 1540円)

【連載】毎日を面白くする やってみよう本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽