「クロール大全」竹内慎司著

公開日: 更新日:

 健康のため毎週プールに通っているが、あるとき隣のレーンを泳ぐ年配スイマーが私よりクロールのスピードが速いことに気づいた。なにくそとスピードアップを試みたものの、思うように進まない。いったいなぜだ!?そう考えていたところ見つけたのが、速く楽に泳げるメソッドを紹介する本書だ。

 まずは、「体幹グライド」というのをやってみる。プールの中で両手をももの前に置き、姿勢を真っすぐにしたまま前に倒れる。同時に膝を曲げ、底を蹴って前に進む。頭頂部から足まで一直線にして水面と平行になれているかがチェックポイントだ。水の抵抗を減らすためには、水面で下半身が上がっている姿勢が正しくできているかが大事だという。

「こんな動作、簡単」と思いながらやってみた。しかし、ぜんぜんうまくできない! 何しろ、体が真っすぐにならず、腰や足が沈んでしまう。本書には、発生する問題と解決方法が細かに書いてあった。

 どうやら原因は顔の向き。プールの底の模様を確認するように下を見つつ、顎は引きすぎてもダメで直立姿勢のときの顎と首の距離感を保つように意識せよとアドバイスする。なるほど、これだけで腰と足が浮いて真っすぐになり、水面を滑るように進めるようになった。

 水をかくときに体が横向きになる悩みもあったのだが、これは伸ばした手が内側に入っているせいだと分かった。本書の指示通り、進行方向から30度外側を意識して手を伸ばしてみると、体がブレずにスイスイ進んで行くではないか! 今までどれだけ間違った動きをしていたかがよく分かった。メソッドをマスターすれば、今より10~15%のスピードアップが期待できるそうだ。 <浩>

(晶文社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景