北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「光のとこにいてね」 一穂ミチ著

公開日: 更新日:

 ゆずとかのんが知り合ったのは7歳のときだ。シャベルを取りに部屋に戻るとき、かのんは言った。

「そこの、光のとこにいてね」

 ゆずの立っているところだけぽっかりと雲が晴れ、小さな日だまりができていたのだ。

 団地の階段の下でゆずが立っていたのは、男の部屋を訪ねた母親に、そこで待っていなさいと言われたからである。そうして、同い年のかのんと知り合う。その団地に住むかのんは、インコの「きみどり」が唯一の友達だという少女だ。つまり、ゆずとかのんは、愛されることから切り離された少女である。日だまりの中で2人はそっと寄り添う。

 この長編は、そうやって知り合った2人の、25年間の交友を描く長編だ。もっとも切れ目なくずっと会い続けたわけではないことも書いておく。会わない期間も長く、そのまま2人の人生が永遠にすれ違っても不思議ではなかった。幼いときには仲がよくても、大人になるにつれて会わなくなるという関係のほうが自然だろう。ところがこの2人は再会する。だからこれは運命だ。

 友情小説なのか、百合小説なのか、それともシスターフッドなのか。そういう分類と区分けをしたくなるが、一度名付けてしまうとこの小説の持つ、奥行きとひろがりと余韻が消えてしまうような気がする。

 ここは、運命的なつながりを鮮やかに描いた作品として読みたい。一穂ミチのベストだ。

(文藝春秋 1980円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う