「朽ちないサクラ」柚月裕子著

公開日: 更新日:

「朽ちないサクラ」柚月裕子著

 警察は大きな組織であるから、当然のごとく、事務職の仕事も大きな役割を果たしている。ただ警察小説の場合、どうしても事件が中心になるので、捜査権限のない事務職員が活躍することはほとんどないのだが、本書は、広報課の事務職員が主人公という変わり種。

【あらすじ】森口泉は東北地方の米崎県警広報広聴課の職員。地元の大学を卒業後、3年間東京でOLをしていたが、母が病を患ったことを機に郷里に戻り、一般職採用で県警に就職したのだ。

 その日、広報課14人の職員は全員、朝から休む間もなく苦情電話の対応に追われていた。2週間前、女子大生が路上で男に刺殺された。犯人は以前から被害者にストーカー行為を行っていた。女子大生の両親は警察に何度も相談したが相手にされなかった。業を煮やした両親は、被害届を受理しないなら弁護士を立てると迫って、ようやく捜査をすることを約束。しかし、手が足りないという理由で受理期日を1週間延期。その2日後に事件が起きたのだ。

 ところが、実はその延期期間に職員の慰安旅行があったことを地元米崎新聞がすっぱ抜き、県民から苦情が殺到したのだ。同新聞には泉の高校時代の同級生、津村千佳が記者として勤めていたが、記事の載る2日前、泉はうっかり慰安旅行の件を千佳に漏らしてしまう。絶対に記事にしないように約束したのだが……。疑心暗鬼にとらわれている中、今度は千佳が遺体で発見される──。

【読みどころ】事件の真相を突き止めようと、泉は警察学校の同期、磯川の協力を得て独自に捜査を始める。タイトルの「サクラ」は公安部の符丁。捜査権限のない泉と公安がどう絡んでくるのか。著者のストーリーテリングの見せどころだ。 〈石〉

(徳間書店 748円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”