「化学の授業をはじめます。」ボニー・ガルマス著、鈴木美朋訳

公開日: 更新日:

「化学の授業をはじめます。」ボニー・ガルマス著、鈴木美朋訳

 舞台は1960年代のカリフォルニア。大手の化学研究所に勤めるエリザべス・ゾットは才能ある化学者だが、女性であるがゆえに仕事は同僚研究者の補助しか与えられず、苦闘していた。

 そんな職場でエリザベスは、変人だが天才化学者のキャルヴィン・エヴァンズと出会う。やがて2人は恋に落ち一緒に暮らし始める。エリザベスが自分の名前で研究を積むことを望み、結婚を断ったからだ。

 2人と1匹の犬との生活は幸せそのものだったが、ある日、事故でキャルヴィンが亡くなり、エリザベスは妊娠していることを理由に解雇され失業する。ところが、娘・マッドが6歳になったとき、ひょんなことから地元テレビ局の料理番組に出演、予想外に大ヒットする。

 社会全体が保守的だった時代に化学への情熱と料理への真摯な思いを持った主人公が、性差別に毅然とした態度で臨み、人生を歩んでいく姿を描くエンターテインメント小説。

 化学用語を使いながらおいしくて栄養のある料理の作り方を説明し、合間には社会通念を鋭く斬っていく。視聴者は感化され、ある主婦は心臓外科医に、ある女性は離婚を決意するなど自ら変化していく。キャルヴィンの出生に関わる寄付者の存在、エリザベスとボスの研究を巡る攻防などもつづられ、読みごたえもたっぷりだ。

 (文藝春秋 2750円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今