「燕は戻ってこない」桐野夏生著

公開日: 更新日:

「燕は戻ってこない」桐野夏生著

 29歳のリキは、派遣社員として総合病院の受付で働いているが、生活はぎりぎり。そんな中、同僚のテルから卵子を提供するエッグドナーに一緒に申し込もうと誘われる。

 サイトへの登録を済ませ、面接に進んだリキは、仲介業者の代表・青沼から卵子提供ではなく、卵子を提供した上でさらに受精卵を子宮に戻して出産する代理母(サロゲートマザー)にならないかと提案される。悩んだが、現状から抜け出すため青沼の提案を受けることにしたリキは、元バレエダンサーの基とイラストレーターの悠子夫妻の子どもを産む契約を交わす。

 代理出産ビジネスを当事者たちの視点で描き、毎日芸術賞・吉川英治文学賞をダブル受賞した問題作。本作を原作にしたドラマも現在放映中だ。 (集英社 1100円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方