「猿の見る夢」桐野夏生著

公開日: 更新日:

 元銀行員の薄井が勤務する衣料製造小売会社は時流に乗って急成長。59歳で財務担当取締役の薄井は、せめて常務まで出世したい。そのために会長と娘婿の社長の派閥争いには巻き込まれたくない。そんな薄井の唯一の楽しみは、愛人との週2回の逢瀬だ。

 ある日、愛人とのデートに出かけようとしたところ、会長の織場に呼び出された薄井は、社長の福原のセクハラがネットで問題になっていると耳打ちされる。織場は騒ぎを利用して失いかけた会社の実権を取り戻したいらしい。一方、愛人とのデートは喧嘩別れになってしまい、いつもより早く帰宅すると自宅には見知らぬ女性がいた。妻の史代が招いた占い師の長峰だという。

 思い描いていた定年後の計画が次々と破綻していく中年男を描く長編。

(講談社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る