「日没」桐野夏生著

公開日: 更新日:

 エッチ小説家マッツ夢井こと松重カンナに、「総務省文化局・文化文芸倫理向上委員会」から「召喚状」が来た。読者からの提訴に関する審議を行う審議会に出席しなかったので、出頭を要請する、というのだ。ほっといたら、携帯に電話がかかってきた。以前、療養所があった施設で講習を受けろという。

 着いたのは有刺鉄線の塀に囲まれた病院のような建物。カンナは210号室に入れられ、B98と呼ばれることに。ここで自分の作品の問題点を認識し、訓練によって直されるまで帰れないと言い渡された。レイプや暴力、犯罪を肯定するのでなく、社会に適応した作品を書け、と。これは国家権力の嫌がらせだ。

「表現の自由」のない近未来社会の恐怖を描く。

(岩波書店 1800円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る

人気キーワード