人気絶頂期にあっさり芸能界を寿引退した内藤洋子

公開日: 更新日:

<1971年3月>

 くりっとした瞳、広いオデコ、長い黒髪……。60年代後半、10~20代の男性たちに圧倒的な支持を受けていた内藤洋子が3月26日、入籍した。相手はミュージシャンの喜多嶋修。内藤20歳、喜多嶋22歳の時である。

 翌27日夜、東京・西新橋の料理店で両家の親族が集まり、ささやかなパーティーが開かれた。題して「ヨーロッパへ行く喜多嶋修・内藤洋子の歓送会、あわせて修の卒業祝い」。喜多嶋は同月、慶応大商学部を卒業したばかり。2人は結婚後、英国に渡り永住する決意だった。

 小学生の時から雑誌「りぼん」のモデルを務めていた内藤は東宝と専属契約し、65年、黒沢明監督の「赤ひげ」で銀幕デビュー。66年にはテレビドラマ「氷点」のヒロインを演じ、高視聴率を記録。翌年、リリースしたシングル曲「白馬のルンナ」が大ヒットし、トップアイドルの地位を不動のものとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る