人気絶頂期にあっさり芸能界を寿引退した内藤洋子

公開日:  更新日:

<1971年3月>

 くりっとした瞳、広いオデコ、長い黒髪……。60年代後半、10~20代の男性たちに圧倒的な支持を受けていた内藤洋子が3月26日、入籍した。相手はミュージシャンの喜多嶋修。内藤20歳、喜多嶋22歳の時である。

 翌27日夜、東京・西新橋の料理店で両家の親族が集まり、ささやかなパーティーが開かれた。題して「ヨーロッパへ行く喜多嶋修・内藤洋子の歓送会、あわせて修の卒業祝い」。喜多嶋は同月、慶応大商学部を卒業したばかり。2人は結婚後、英国に渡り永住する決意だった。

 小学生の時から雑誌「りぼん」のモデルを務めていた内藤は東宝と専属契約し、65年、黒沢明監督の「赤ひげ」で銀幕デビュー。66年にはテレビドラマ「氷点」のヒロインを演じ、高視聴率を記録。翌年、リリースしたシングル曲「白馬のルンナ」が大ヒットし、トップアイドルの地位を不動のものとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る