人気絶頂期にあっさり芸能界を寿引退した内藤洋子

公開日: 更新日:

<1971年3月>

 くりっとした瞳、広いオデコ、長い黒髪……。60年代後半、10~20代の男性たちに圧倒的な支持を受けていた内藤洋子が3月26日、入籍した。相手はミュージシャンの喜多嶋修。内藤20歳、喜多嶋22歳の時である。

 翌27日夜、東京・西新橋の料理店で両家の親族が集まり、ささやかなパーティーが開かれた。題して「ヨーロッパへ行く喜多嶋修・内藤洋子の歓送会、あわせて修の卒業祝い」。喜多嶋は同月、慶応大商学部を卒業したばかり。2人は結婚後、英国に渡り永住する決意だった。

 小学生の時から雑誌「りぼん」のモデルを務めていた内藤は東宝と専属契約し、65年、黒沢明監督の「赤ひげ」で銀幕デビュー。66年にはテレビドラマ「氷点」のヒロインを演じ、高視聴率を記録。翌年、リリースしたシングル曲「白馬のルンナ」が大ヒットし、トップアイドルの地位を不動のものとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る