WOWOW新ドラマの大森立嗣監督「坂井真紀は珍しい女優」

公開日: 更新日:

 専門家やドラマファンから高い支持を得るWOWOW制作・放送の「連続ドラマW」。12月1日に放送スタートする坂井真紀主演「かなたの子」(全4話)は、映画監督の大森立嗣氏(43)が初めてテレビドラマを手がけた作品だ。

 今年6月、映画「さよなら渓谷」で注目を浴びた監督。見た目も中身もワイルドだ。テレビと映画の違いにも戸惑いはなかった。

「助監督時代も含めて一度もテレビドラマの経験がなく、地上波の連ドラは何かと大変だと聞いたりはしても、やったことないからなーんも分からない。ま、映画だって場合によっては喫煙シーンに難色を示されたりするし、暴力シーンにも気を使う。とはいっても、僕の場合はあんまり関係なかったりするんですが、今回のオファーを受ける際、プロデューサーに『タブーみたいなことってあるんですか』と聞いたら、『全くない』と。地上波ではないWOWOWの特性もあるのでしょうが、いつものやり方、いつものスタッフで、好きなように撮らせてもらいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る