視聴率3冠争い最終決戦 テレ朝は「ビッグダディ」で日テレにトドメ

公開日: 更新日:

■ゴールデンはもつにもつれ…

 テレビ朝日日本テレビの年間視聴率争いがいよいよ大詰めだ。現在のところ、全日(6~24時)は日本テレビが首位。プライム(19~23時)とゴールデン(19~22時)はテレ朝が首位を確保しているものの、両局が0.1ポイント以内の僅差で競っているのがゴールデンだ。

「日テレは局内のあちこちに“取るぞ3冠王”という張り紙をして士気を鼓舞していますが、全日は日テレ、プライムはテレ朝。それぞれ1冠ずつはほぼ決まり。注目はゴールデン。1冠か2冠かで年間の広告収入が10億円単位で変わってくるので必死です」(放送ジャーナリスト)

 昨年はプライムのみ首位だったテレ朝にとって、ゴールデンで首位を獲得し、2冠達成はまさに悲願である。テレ朝局員がこう言う。

「ほんの10年前までは振り向けばテレビ東京だったので、局内に浮かれた空気はありません。というか、勝ったことがないから今のトップ争いの状況に実感が湧かないというのが多くの局員の正直な気持ちかもしれません。もちろん、編成担当は毎朝、視聴率表を見て一喜一憂だから心臓に悪い。編成はトップの局長が毎朝8時半には出社して数字をチェックしているので、下の部員も8時半までには出社しなければならず、これまた心臓に悪い(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

  10. 10

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

もっと見る