パンツ一丁の妻夫木聡主演 「ジャッジ!」が好評なワケ

公開日:  更新日:

「オープニング3日間の興行収入を見る限り、最終的に5億円に届くかどうかビミョーなライン。タイトルだけではどんな内容かさっぱりだし、松竹とフジテレビがタッグを組んだわりにはPR不足で巷に浸透し切れていない印象です」(映画関係者)

 妻夫木聡(33)と北川景子(27)がダブル主演した映画「ジャッジ!」の話。今月11日に封切られたが、年末から快進撃を続けるテレビ朝日×東宝の「トリック劇場版」と上映時期が丸かぶりしたのもタイミングが悪かった。

 だが、興収が伸び悩む一方で「埋もれてしまうにはもったいない出来栄え」(映画ライター)といった声が強く、ツイッター上でも「期待以上に面白かった」「スカッと笑える」と観賞後の評価が高い。それこそタイトルだけで“審判”するのは惜しい一本のようで――。

 広告業界が舞台の娯楽ムービー。妻夫木演じる情熱は人一倍の落ちこぼれクリエーターが、国際広告祭の審査員を押し付けられ、ひいきの作品を入賞させるべく奔走する姿が描かれている。映画批評家の前田有一氏は見どころをこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る