パンツ一丁の妻夫木聡主演 「ジャッジ!」が好評なワケ

公開日: 更新日:

「オープニング3日間の興行収入を見る限り、最終的に5億円に届くかどうかビミョーなライン。タイトルだけではどんな内容かさっぱりだし、松竹とフジテレビがタッグを組んだわりにはPR不足で巷に浸透し切れていない印象です」(映画関係者)

 妻夫木聡(33)と北川景子(27)がダブル主演した映画「ジャッジ!」の話。今月11日に封切られたが、年末から快進撃を続けるテレビ朝日×東宝の「トリック劇場版」と上映時期が丸かぶりしたのもタイミングが悪かった。

 だが、興収が伸び悩む一方で「埋もれてしまうにはもったいない出来栄え」(映画ライター)といった声が強く、ツイッター上でも「期待以上に面白かった」「スカッと笑える」と観賞後の評価が高い。それこそタイトルだけで“審判”するのは惜しい一本のようで――。

 広告業界が舞台の娯楽ムービー。妻夫木演じる情熱は人一倍の落ちこぼれクリエーターが、国際広告祭の審査員を押し付けられ、ひいきの作品を入賞させるべく奔走する姿が描かれている。映画批評家の前田有一氏は見どころをこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る