日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

網膜剥離で失明寸前だった…「ウーマン」中川の気なる今後

「あと3日遅かったら失明していた」
 網膜剥離の手術で一時休養しているお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の中川パラダイス(32)について、相方の村本大輔(33)が先日、そんな話をしていた。

 中川は昨年12月初めごろから「目の上が黒い」「日に日に大きくなっていく」などと訴えていたそうだ。「THE MANZAI2013」の優勝で一気にブレークしたこともあり発覚が遅れたというが、「失明」とは穏やかじゃない。

「かじまち眼科」(静岡県浜松市)の芦原紀昭医師がこう言う。
「眼球の内側にある網膜という膜が剥がれるのが網膜剥離です。剥離した部分の視野が欠けますが、周辺から欠け始めると気づかない人もいる。歪んで見える、目の前を蚊のようなものが飛ぶ、急に視力が低下するなどが最初の症状です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事