• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベートーベン騒動を逆手 NHK籾井会長が狙う“懲罰”人事

 天下のNHKも形無しだ。人気情報番組「あさイチ」で12年から昨年にかけ、3回も“偽ベートーベン”佐村河内守(50)を取り上げていた。昨年3月には看板番組「NHKスペシャル」で佐村河内を特集し、その本まで出版するという持ち上げようだった。

 そのかいもあって、本当は桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)が作曲した「交響曲第1番〈HIROSHIMA〉」のCDは18万枚超の大ヒット。ネットでは「NHKはペテンを知っていたのでは」と“共犯”扱いまでされている。

 それでなくてもNHKは、会長や経営委員の問題発言とゴタゴタ続きで「局内は蜂の巣をつついたような騒ぎ」(制作会社関係者)というが、偽ベートーベン騒動にちゃっかり便乗しているのが当の籾井勝人会長だ。騒動を機に“独裁体制”を固めつつあるという。

「佐村河内の話は、もともとフリーディレクターの持ち込み企画で、それをNスペに後押ししたのが、『あさイチ』のチーフプロデューサー。かつて人気だった『東京カワイイ★TV』も手がけた敏腕プロデューサーですが、今回の騒動で完全にミソをつけてしまった。Nスペのスタッフ同様、どんな“懲罰”が下るのか。局内は戦々恐々ですよ」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る