ベートーベン騒動を逆手 NHK籾井会長が狙う“懲罰”人事

公開日:  更新日:

 天下のNHKも形無しだ。人気情報番組「あさイチ」で12年から昨年にかけ、3回も“偽ベートーベン”佐村河内守(50)を取り上げていた。昨年3月には看板番組「NHKスペシャル」で佐村河内を特集し、その本まで出版するという持ち上げようだった。

 そのかいもあって、本当は桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)が作曲した「交響曲第1番〈HIROSHIMA〉」のCDは18万枚超の大ヒット。ネットでは「NHKはペテンを知っていたのでは」と“共犯”扱いまでされている。

 それでなくてもNHKは、会長や経営委員の問題発言とゴタゴタ続きで「局内は蜂の巣をつついたような騒ぎ」(制作会社関係者)というが、偽ベートーベン騒動にちゃっかり便乗しているのが当の籾井勝人会長だ。騒動を機に“独裁体制”を固めつつあるという。

「佐村河内の話は、もともとフリーディレクターの持ち込み企画で、それをNスペに後押ししたのが、『あさイチ』のチーフプロデューサー。かつて人気だった『東京カワイイ★TV』も手がけた敏腕プロデューサーですが、今回の騒動で完全にミソをつけてしまった。Nスペのスタッフ同様、どんな“懲罰”が下るのか。局内は戦々恐々ですよ」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る