「ごちそうさん」の小姑・キムラ緑子が語る「アラレちゃんメガネ」時代

公開日: 更新日:

 NHKの連ドラ「ごちそうさん」で杏をイジメる「イケズ」な義姉・和枝役で注目を浴びているのが彼女。大学時代から演劇の世界に入り、50代にしてキュートさを失わない彼女の原点がここにある。

 これは26か27の頃、学生時代に立ち上げた劇団M.O.P.の仲間と私の部屋で飲んでいたときの写真です。右が私。当時はやっていた大きな黒フチの「アラレちゃんメガネ」をかけています。

■根岸季衣を完コピ

 私は同志社女子大卒業と同時に地元・淡路島に戻り、3年後にこの劇団M.O.P.に戻って、芝居をしていたときです。真ん中が、当時の劇団を主宰していたマキノノゾミ。私のパートナーです。左が演出家の堂岡俊弘くん。同志社大学の演劇サークルに所属していたんですが、その卒業公演で旗揚げしたのが劇団M.O.P.でした。大学という母屋がなくなって、そのままプロの劇団になったというわけです。当時の私は、根岸季衣さんのセリフ回しから、息継ぎ、しぐさまで完コピして、根岸さんのそっくりさんといわれていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る