佐村河内氏も…広島出身“著名”ミュージシャンが多いワケ

公開日:  更新日:

「ビッグスターになる」と大風呂敷を広げた吉川も売れたからよかったものの、そうじゃなかったら“痛い人”。デーモンだって、ただの変人扱いだっただろう。県民性に詳しい「ナンバーワン戦略研究所」代表の矢野新一氏がこう言う。

「かつてハワイへ移住した日本人移民には広島出身者が多かった。つまり野心家が多いんです。広島県民は自信過剰でお調子者、新しもの好きで見えっ張り、負けず嫌いともいわれます。酒好き、遊び好きでもある。もともと芸能人向きで、才能と条件がうまく重なればスターになれる県民性ともいえるでしょう。アナウンサーにも広島出身者が多いんです」

 のし上がるためには努力も必要だが、そもそも、佐村河内氏には音楽の才能がなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る