日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ガキンチョ顔で抜群の演技力 池松壮亮は「第2の妻夫木聡」

「これで一気に知名度が上がるのでは。実力は十分。今年ブレークする俳優のひとりです」(芸能プロ関係者)

 人生をマラソンになぞらえ、「寄り道してもいい。道はひとつじゃない!」などと心の叫びに合わせ、疾走する男女のランナーたち――今月6日から放映されているリクルートの新CM。出演する若手俳優・池松壮亮(23)が評判だ。

「人生について考えたり迷ったりしたとき、どうしたらいいのか。本CMにはひとりの青年を通して壮大なメッセージが込められていますが、それを表現できる演技力と存在感を持ち合わせている池松さんにお願いしました」(同社HD広報部)

 迷い犬のように潤んだ瞳と、はかなげな表情。ほどよく鍛えられた上腕二頭筋まで披露したが、見覚えのある顔だと感じた人も多いのではないか。それもそのはず。今年でデビュー14年目。10歳の時、劇団四季の「ライオンキング」で初舞台を踏んで以来、多くの映画やドラマに出演している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事