• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「株価上げる」と意欲 元テレ朝・佐々木正洋アナの怪気炎

 テレビ朝日の名物アナウンサーだった佐々木正洋氏(59)がこのたび、インターネット放送局「どうらく地蔵」を開局。20日、記念パーティーが都内で開催された。

 この「どうらく地蔵」は、投資家などに向けて上場企業の経営者のナマの声を佐々木アナがインタビューするコーナーがウリ。他にもグルメ、健康、競馬、占いなど旬の話題をゲストとともに伝えるという試みだ。

 第1回のゲスト経営者はセーラー万年筆の中島義雄社長。
「ボクはアゲマンならぬ、アゲ男。登場していただいた企業の株価も上がれば万々歳です。ここでしか聞けない情報ばかり。ぜひ、視聴してください」(佐々木氏)

 ちなみに、放送局名は佐々木氏が“道楽モノ”という意味ではなく、慶大時代に所属していた落語研究会の時の噺家名「八代目桂道楽」に由来。舞台をインターネットに移した佐々木氏がまたまた茶の間を賑わせそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る