「株価上げる」と意欲 元テレ朝・佐々木正洋アナの怪気炎

公開日:  更新日:

 テレビ朝日の名物アナウンサーだった佐々木正洋氏(59)がこのたび、インターネット放送局「どうらく地蔵」を開局。20日、記念パーティーが都内で開催された。

 この「どうらく地蔵」は、投資家などに向けて上場企業の経営者のナマの声を佐々木アナがインタビューするコーナーがウリ。他にもグルメ、健康、競馬、占いなど旬の話題をゲストとともに伝えるという試みだ。

 第1回のゲスト経営者はセーラー万年筆の中島義雄社長。
「ボクはアゲマンならぬ、アゲ男。登場していただいた企業の株価も上がれば万々歳です。ここでしか聞けない情報ばかり。ぜひ、視聴してください」(佐々木氏)

 ちなみに、放送局名は佐々木氏が“道楽モノ”という意味ではなく、慶大時代に所属していた落語研究会の時の噺家名「八代目桂道楽」に由来。舞台をインターネットに移した佐々木氏がまたまた茶の間を賑わせそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る