日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本紙で連載も 元TBSアナウンサー山本文郎さんが死去

“ブンさん”の愛称で全国的に人気だった元TBSアナウンサーの山本文郎さんが26日、肺胞出血のため死去した。79歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻由美子さん。

 関係者によれば、山本さんは最近まで元気に仕事をしていたが、21日深夜、背中や胸に痛みを訴え、千葉県内の病院に入院。吐血などの症状はあったものの意識はしっかりしていて「俺はもう帰るよ」と明るく話していたが、25日の夜に容体が急変したという。

 山本さんは早大第一文学部を経て、1957年にラジオ東京(現TBS)にアナウンサーとして入社。94年に退社後はフリーで活躍した。

 2008年、31歳下の由美子夫人との再婚が話題に。山本さんは当時、「70過ぎていきなり、小学生、中学生の父親ですからね。この子たちをちゃんと育てるために、これまで以上に仕事を頑張ります(笑い)」と元気いっぱいに語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事