日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

庶民目線で“反戦”描く 「ごちそうさん」はNHK唯一の救い

 NHK朝ドラ「ごちそうさん」も残すところあと8回。視聴率は、社会現象にもなった前作「あまちゃん」を1週目から上回り、週間平均視聴率は23週連続21%超えと話題になっているが、驚いたのはNHKらしからぬストーリーと演出だ。軍人目線で戦争を美化する映画などが多いなかで、庶民目線で〈反戦〉を貫いているのである。

 同作の背景は大正・昭和期の激動の時代。食いしん坊のヒロイン・め以子が、嫁ぎ先の大阪で、料理を通して家族と懸命に生きていく。そして、日中戦争勃発後の17週(14年1月27日~)あたりから、ドラマは一気に緊迫してくる。報道規制に悩むアナウンサーの義妹、政府の喧伝(けんでん)に反発し逮捕され満州行きを命じられる夫、そしてめ以子の元に次男の死亡通知書が届く……。こうしたことが淡々と、過不足なく描かれていて、見ようによっては「ごちそうさん」が安倍の右傾化路線に警鐘を鳴らしているように見えるのだ。「ごちそうさん」の視聴者でもある立大教授の服部孝章氏(メディア法)もこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事