「男はつらいよ」佐藤蛾次郎が銀座で振る舞う「寅さんカレー」

公開日:  更新日:

 映画「男はつらいよ」シリーズでおなじみだった題経寺の寺男「源公」。寅さんとのカラミはいじらしくもあり、またおかしくもあった。その源公を演じていたのが佐藤蛾次郎さん(69)だ。シリーズが終わって18年、今どうしているのか。

 会ったのは銀座8丁目にあるパブ「蛾次ママ」。もちろん、佐藤さんの店だ。

「ここを始めて18年ね。従業員は雇わず、代わりにカミさんと息子の3人でやってる。そう、アットホームな雰囲気がウリってこと。家族は他に嫁に行った娘が1人に孫が2人いるよ」

 トレードマークだったアフロヘアは影を潜めてしまったが、自慢の口ヒゲは相変わらずの佐藤さん、まずはこう言った。

 カウンターでは和子夫人(66)と長男で俳優の亮太さん(40)がせっせと働いている。店の広さは46平方メートル。テーブル席が35席あり、店奥にはカラオケが。実にゆったりした造りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る