「男はつらいよ」佐藤蛾次郎が銀座で振る舞う「寅さんカレー」

公開日: 更新日:

 映画「男はつらいよ」シリーズでおなじみだった題経寺の寺男「源公」。寅さんとのカラミはいじらしくもあり、またおかしくもあった。その源公を演じていたのが佐藤蛾次郎さん(69)だ。シリーズが終わって18年、今どうしているのか。

 会ったのは銀座8丁目にあるパブ「蛾次ママ」。もちろん、佐藤さんの店だ。

「ここを始めて18年ね。従業員は雇わず、代わりにカミさんと息子の3人でやってる。そう、アットホームな雰囲気がウリってこと。家族は他に嫁に行った娘が1人に孫が2人いるよ」

 トレードマークだったアフロヘアは影を潜めてしまったが、自慢の口ヒゲは相変わらずの佐藤さん、まずはこう言った。

 カウンターでは和子夫人(66)と長男で俳優の亮太さん(40)がせっせと働いている。店の広さは46平方メートル。テーブル席が35席あり、店奥にはカラオケが。実にゆったりした造りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る