島田晴香がトップ 「AKB48マラソン部」グアムで完走

公開日: 更新日:

「部長として責任を感じていたし、負けたくなかった」――。メンバー中、フルマラソンをトップでゴールしたAKB48の島田晴香のコメントだ。

 日刊ゲンダイ本紙連載企画「AKB目指せグアム 教えてコーチ」で、昨夏から練習を重ねてきたAKB48マラソン部のメンバーが13日開催の「グアムインターナショナルマラソン2014」にチャレンジした。走ったのはフルマラソン9人、ハーフ2人の総勢11人。平均気温が25度を超える過酷な条件の下、なんと11人全員が完走する快挙。その中でトップだったのが部長に指名された島田で、意地の1着ゴールだった。

■島田晴香部長が後半巻き返し

 島田は途中までは鈴木まりや(SNH48、AKB48兼任)と金子栞(SKE48)に先を越されていたが、「この暑さではいつものペースだと最後にバテると思った」と計算。前半はペースを落とし、後半に一気に巻き返しを図った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る