低視聴率「バイキング」 救いはサンドウィッチマンの生中継

公開日:  更新日:

「笑っていいとも!」の後番組として今月1日に始まった「バイキング」(フジテレビ系)では、“低視聴率ネタ”が定番化しつつある。

 視聴率は初回の6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が最高で、15、16日は連日で最低の2.7%を記録。15日には水曜MCの「おぎやはぎ」矢作兼(42)が「全員が今ね、視聴率を忘れようとしてる」とネタにすると、20日に放送された「ワイドナショー」では、松本人志(50)が「みんなそれぞれ思いがあってやってるのに、視聴率が悪いだけでどうこう言われるのはまた悪い方向にテレビが向かっている。視聴率は一般の人が知らなくていいことやと思う」と苦言を呈した。

 そんな中、光っているのがサンドウィッチマン。各曜日の初回(7日)で最も視聴率の低かった月曜(4.5%)レギュラーだが、生中継コーナー「日本全国地引き網クッキング」がちょっとした話題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る