日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

低視聴率「バイキング」 救いはサンドウィッチマンの生中継

「笑っていいとも!」の後番組として今月1日に始まった「バイキング」(フジテレビ系)では、“低視聴率ネタ”が定番化しつつある。

 視聴率は初回の6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が最高で、15、16日は連日で最低の2.7%を記録。15日には水曜MCの「おぎやはぎ」矢作兼(42)が「全員が今ね、視聴率を忘れようとしてる」とネタにすると、20日に放送された「ワイドナショー」では、松本人志(50)が「みんなそれぞれ思いがあってやってるのに、視聴率が悪いだけでどうこう言われるのはまた悪い方向にテレビが向かっている。視聴率は一般の人が知らなくていいことやと思う」と苦言を呈した。

 そんな中、光っているのがサンドウィッチマン。各曜日の初回(7日)で最も視聴率の低かった月曜(4.5%)レギュラーだが、生中継コーナー「日本全国地引き網クッキング」がちょっとした話題なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事