年収2億円? 大久保佳代子に聞いた“懐事情”と“あの騒動”

公開日: 更新日:

■「悪意も大意もなくやったのがよくなかった」

――ちょっと前に「久保方さん」(「ロンハー」で小保方さんをパロディーした一件)が騒がれましたが。

「あれに関しては、何件かご意見というかお叱りをいただいた。あまりにも私が悪意も大意もなくやったというのがよくなかった。もうちょっと考えてやらなかったのは浅はかすぎたかなあと。収録があの会見のちょっと後で、あの会見を見たとき(小保方氏が)普通にかわいいなあと思ったんです、女子から見ても」

――テレビといえば今年3月に3本のレギュラーが終了しました。

「新しく始まった番組もあるので、結果的には何とも思ってない。けど、終わるって聞いたときは<あ、バレた>と思いました。これまで何とかごまかしごまかしやってたけど、私って臨機応変力を除いたら何もない。人としても芸人としてもそこまで深くないので」

 ちなみに、インタビュー後の囲み取材では、「好きなときに触れるくらいの男はいます」「これだけ報道陣が来ているなら、来年1年くらいならやれるかも」と謙遜していたが、大久保ブームはしばらく続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る