離婚協議中 雨宮塔子が新著で垣間見せた「夫」の存在感

公開日: 更新日:

「離婚協議中」と報じられた元TBSアナウンサー・雨宮塔子(43)の新著「パリ、この愛しい人たち」(講談社)が関係者に注目されている。雨宮の夫で、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のオーナーシェフの青木定治氏(46)が本の中ではどんなふうに描かれているか興味津々なのだ。

 結論から言えば、青木氏が登場するのは、行きつけの日本料理屋でママ友とトリプルデートした部分のみ。他にはほんど記述がないのだ。

「雨宮はこれまで9冊のエッセーを書いています。過去の著作には、夫と子供たちが遊んだり、仕事場に押し掛けたり、一緒にお菓子を作ったりのほのぼのした場面があった。それに対して今回はパリのシングルマザーの奮闘ぶりや、離婚した夫婦の熱心な子育てを題材にしている。離婚後を見据え、冷静な目で観察しているのがよく分かります」(出版関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る