離婚協議中 雨宮塔子が新著で垣間見せた「夫」の存在感

公開日:  更新日:

「離婚協議中」と報じられた元TBSアナウンサー・雨宮塔子(43)の新著「パリ、この愛しい人たち」(講談社)が関係者に注目されている。雨宮の夫で、「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のオーナーシェフの青木定治氏(46)が本の中ではどんなふうに描かれているか興味津々なのだ。

 結論から言えば、青木氏が登場するのは、行きつけの日本料理屋でママ友とトリプルデートした部分のみ。他にはほんど記述がないのだ。

「雨宮はこれまで9冊のエッセーを書いています。過去の著作には、夫と子供たちが遊んだり、仕事場に押し掛けたり、一緒にお菓子を作ったりのほのぼのした場面があった。それに対して今回はパリのシングルマザーの奮闘ぶりや、離婚した夫婦の熱心な子育てを題材にしている。離婚後を見据え、冷静な目で観察しているのがよく分かります」(出版関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る