池井戸ドラマ初主演 織田裕二が語る「株価暴落」への意気込み

公開日: 更新日:

 池井戸潤原作のドラマ「株価暴落」(19日22時~、WOWOW)で織田裕二(46)が主演する。経営危機に陥りながらもプライドを捨てきれないメガバンクで、自らの信念に忠実に突き進む孤高のバンカーを演じる。

――「企業戦士」の役は初めてだとか。

 やっと来た、待ってましたという気持ちです。街を歩けばごくごく普通にいるサラリーマンが、日頃どんな思いで戦っているのか。日本の就業人口の中でも大多数を占め、日本経済の基盤を支える人を演じられることがうれしかったですね。普段は組織のルールにのっとり、ダーク色のスーツに袖を通し、個性を抑え、無味乾燥に見える銀行マンでも心の中はバッチバチいってる。僕が演じる板東という男は真夏の暑い盛りだからこそ、ネクタイをビシッと締めるようなタイプ。面と向かって拳を振りかざすことはなく、至って静かに、見る相手を暑苦しくさせたりするんです。社章も場合によってつけたり、つけなかったり。戦闘服の着こなしひとつで心の機微を表現する。細かい部分にこだわってつくった、そんな作品です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る