「ナニ金」 上戸彩の降板でヒロイン蓮佛美沙子に高まる期待

公開日: 更新日:

 5日に行われた「鳥取県ウェルカニキャンペーン」の記者発表会に出席した蓮佛美沙子(23)。上京するまでの15年間、地元の鳥取で過ごした蓮佛は、同席した平井鳥取県知事(53)と共に6日から漁が解禁になった松葉ガニをPRした。

 鳥取県は47都道府県で唯一、大手コーヒーチェーン「スターバックス」がないことで有名。そのため、平井知事の持ちネタは「スタバはないけど砂場はある」。しかし、来年ついに県内1号店の開店が決定し、このネタもお蔵入り間近。そこで「(牛丼チェーン)松屋はないけど松葉はある」「カニしゃ(感謝)してます」と違うダジャレ風のネタを連発し、蓮佛を困惑させていた。

 蓮佛といえば、映画やドラマに多数出演する若手女優だが、意外なことで注目を浴びている。

「来年1月に『ナニワ金融道』の新作がスペシャルドラマとして放送されるらしいのですが、そのヒロイン役で起用された上戸彩が降板を申し出たそうです。『妊娠したからじゃないか』との臆測が飛び交っているんですが、その代役に抜擢されたのが蓮佛。上戸とは全然違うタイプだっただけに、周囲は驚いていますが、知名度はともかく、演技力では上戸よりも上との声も多く、期待が高まっています」(芸能関係者)

 シリーズ平均約20%の視聴率を誇る人気ドラマのヒロインで、鳥取をメジャーにできるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る