• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ナニ金」 上戸彩の降板でヒロイン蓮佛美沙子に高まる期待

 5日に行われた「鳥取県ウェルカニキャンペーン」の記者発表会に出席した蓮佛美沙子(23)。上京するまでの15年間、地元の鳥取で過ごした蓮佛は、同席した平井鳥取県知事(53)と共に6日から漁が解禁になった松葉ガニをPRした。

 鳥取県は47都道府県で唯一、大手コーヒーチェーン「スターバックス」がないことで有名。そのため、平井知事の持ちネタは「スタバはないけど砂場はある」。しかし、来年ついに県内1号店の開店が決定し、このネタもお蔵入り間近。そこで「(牛丼チェーン)松屋はないけど松葉はある」「カニしゃ(感謝)してます」と違うダジャレ風のネタを連発し、蓮佛を困惑させていた。

 蓮佛といえば、映画やドラマに多数出演する若手女優だが、意外なことで注目を浴びている。

「来年1月に『ナニワ金融道』の新作がスペシャルドラマとして放送されるらしいのですが、そのヒロイン役で起用された上戸彩が降板を申し出たそうです。『妊娠したからじゃないか』との臆測が飛び交っているんですが、その代役に抜擢されたのが蓮佛。上戸とは全然違うタイプだっただけに、周囲は驚いていますが、知名度はともかく、演技力では上戸よりも上との声も多く、期待が高まっています」(芸能関係者)

 シリーズ平均約20%の視聴率を誇る人気ドラマのヒロインで、鳥取をメジャーにできるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る