松岡修造が放ったサーブで「圭」の跡…錦織に“吉兆”と大興奮

公開日: 更新日:

 ATPツアー・ファイナルの準決勝進出をかけ、13日23時(現地14時)にラオニッチ(23=世界ランキング8位)と対戦する錦織圭(24=同5位)。

 マリー戦、フェデラー戦で試合中に治療した右手首の状態もさることながら、今大会を通じ、第1サーブの確率の悪さが指摘される錦織だが、BS朝日で解説を務める日本テニス協会強化副本部長・松岡修造氏(47)が自身のブログで、ラオニッチ戦勝利への“吉兆”を発見したとヒートアップしている。

 12日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)で修造氏が錦織対フェデラー戦を振り返える際、錦織の第1サーブの悪さを指摘するため、テニスラケットと「圭」と書かれたテニスボールを持ってスタジオから美術倉庫へと移動。カメラに向かって自らサーブを1球放った。

 放送ではボールの行方は明らかにされなかったが、13日の修造氏の公式コラムによると、倉庫内のロッカーに激突。本人は〈大失敗サーブ〉と反省しきりだったが、ロッカーに近づいて見ると、激突した箇所にはなんとボールに書いた「圭」の文字が写っていたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  3. 3

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  9. 9

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る