松岡修造が放ったサーブで「圭」の跡…錦織に“吉兆”と大興奮

公開日: 更新日:

 ATPツアー・ファイナルの準決勝進出をかけ、13日23時(現地14時)にラオニッチ(23=世界ランキング8位)と対戦する錦織圭(24=同5位)。

 マリー戦、フェデラー戦で試合中に治療した右手首の状態もさることながら、今大会を通じ、第1サーブの確率の悪さが指摘される錦織だが、BS朝日で解説を務める日本テニス協会強化副本部長・松岡修造氏(47)が自身のブログで、ラオニッチ戦勝利への“吉兆”を発見したとヒートアップしている。

 12日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)で修造氏が錦織対フェデラー戦を振り返える際、錦織の第1サーブの悪さを指摘するため、テニスラケットと「圭」と書かれたテニスボールを持ってスタジオから美術倉庫へと移動。カメラに向かって自らサーブを1球放った。

 放送ではボールの行方は明らかにされなかったが、13日の修造氏の公式コラムによると、倉庫内のロッカーに激突。本人は〈大失敗サーブ〉と反省しきりだったが、ロッカーに近づいて見ると、激突した箇所にはなんとボールに書いた「圭」の文字が写っていたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  9. 9

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る