スポンサーは質量アップ 早くも気になる錦織圭「来年の稼ぎ」

公開日: 更新日:

 今年の錦織は全米オープン準優勝やツアー4勝などで、世界ランクは自己最高の5位まで大躍進。当然、それに伴って「商品価値」も急上昇だ。

 錦織は現在、所属契約の日清食品の他に、ユニクロ(ウエア)やタグ・ホイヤー(時計)、ウイルソン(ラケット)、アディダス(シューズ)、デルタ航空など多くの企業とスポンサー契約を結んでいる。9月には英国の自動車メーカー「ジャガー・ランドローバー・ジャパン」が10社目のスポンサーとなった。

 他にもスポンサーになりたい企業からオファーや問い合わせが殺到しているそうだが、その金額も数年前とは「大きく異なる」ともっぱらだ。某スポーツマネジメント会社の関係者が言う。

■日清食品とは大型契約で更新か

「錦織が所属している日清食品は、彼がプロデビューした翌年(08年)からスポンサー。その縁で12年4月から所属契約に至り、その時は出来高含みの総額5億円の条件だったと聞いていますが、錦織と日清さんの契約は今年の年末に切れるはず。契約を更新するなら同じ条件というわけにはいかないでしょう。3年総額10億円の大型契約くらいにはなるのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  8. 8

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  9. 9

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る