• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポンサーは質量アップ 早くも気になる錦織圭「来年の稼ぎ」

 今年の錦織は全米オープン準優勝やツアー4勝などで、世界ランクは自己最高の5位まで大躍進。当然、それに伴って「商品価値」も急上昇だ。

 錦織は現在、所属契約の日清食品の他に、ユニクロ(ウエア)やタグ・ホイヤー(時計)、ウイルソン(ラケット)、アディダス(シューズ)、デルタ航空など多くの企業とスポンサー契約を結んでいる。9月には英国の自動車メーカー「ジャガー・ランドローバー・ジャパン」が10社目のスポンサーとなった。

 他にもスポンサーになりたい企業からオファーや問い合わせが殺到しているそうだが、その金額も数年前とは「大きく異なる」ともっぱらだ。某スポーツマネジメント会社の関係者が言う。

■日清食品とは大型契約で更新か

「錦織が所属している日清食品は、彼がプロデビューした翌年(08年)からスポンサー。その縁で12年4月から所属契約に至り、その時は出来高含みの総額5億円の条件だったと聞いていますが、錦織と日清さんの契約は今年の年末に切れるはず。契約を更新するなら同じ条件というわけにはいかないでしょう。3年総額10億円の大型契約くらいにはなるのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事