日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織を急成長させたチャン・コーチ 気になる「契約」の中身

 男子テニスの楽天ジャパンオープン・シングルス決勝は、世界ランク7位の錦織圭(24)が、同8位ミロシュ・ラオニッチ(23=カナダ)を下し、2年ぶり2度目の頂点に。先週のマレーシア・オープンに続く、日本人初の2週連続優勝となった。

 錦織は試合後、涙を見せながらスタンドのマイケル・チャン・コーチ(42)と抱擁。「体力が一番キツかったですけど、限界を乗り越えて勝てたのは観客の皆さんのおかげだと思います」と、ファンに感謝の言葉を述べた。

 今季4勝目(通算7勝目)。世界ランクは自己ベストを更新し6位に。世界のトップ8人だけが出場できるATPツアーファイナル(11月9日開幕・ロンドン)のポイントランキングも、6位から5位に浮上した。

 錦織の急成長は、昨年末からコーチ契約を結んだチャン氏(89年全仏優勝)の指導が大きい。テニスジャーナリストの塚越亘氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事