錦織を急成長させたチャン・コーチ 気になる「契約」の中身

公開日:  更新日:

 男子テニスの楽天ジャパンオープン・シングルス決勝は、世界ランク7位の錦織圭(24)が、同8位ミロシュ・ラオニッチ(23=カナダ)を下し、2年ぶり2度目の頂点に。先週のマレーシア・オープンに続く、日本人初の2週連続優勝となった。

 錦織は試合後、涙を見せながらスタンドのマイケル・チャン・コーチ(42)と抱擁。「体力が一番キツかったですけど、限界を乗り越えて勝てたのは観客の皆さんのおかげだと思います」と、ファンに感謝の言葉を述べた。

 今季4勝目(通算7勝目)。世界ランクは自己ベストを更新し6位に。世界のトップ8人だけが出場できるATPツアーファイナル(11月9日開幕・ロンドン)のポイントランキングも、6位から5位に浮上した。

 錦織の急成長は、昨年末からコーチ契約を結んだチャン氏(89年全仏優勝)の指導が大きい。テニスジャーナリストの塚越亘氏がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る