来春大学卒業 浅田真央の“局アナ採用”めぐり三つ巴争奪戦

公開日:  更新日:

 未来の看板キャスターの登場に民放キー局が大騒ぎだ。来季限りで引退の意向を示している浅田真央(24=中京大)の争奪戦である。

「各キー局が浅田をいっそのこと局員にしてしまおうと動いているんです。各局とも採用は終わっている。でも、浅田となれば話は別。人事制度を変えてでも迎え入れたい」(在京キー局関係者)

 浅田は現在、中京大学体育学部の4年生。ソチ五輪出場のため1年間休学していたが、現在は復学。来年3月に卒業するメドがついたという。

 獲得に血眼になっているのがフジテレビ、テレ朝、日テレの3局だ。

「フジとテレ朝はスケート連盟との太いパイプを生かし地道に接触しています。フジはスポーツ局でアシスタントディレクターとして働く元フィギュア選手の中野友加里を説得係に任命したらしい。さらに『すぽると!』のメーンリポーターに抜擢するという、かなり具体的な話まで聞こえています」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る