来春大学卒業 浅田真央の“局アナ採用”めぐり三つ巴争奪戦

公開日: 更新日:

 未来の看板キャスターの登場に民放キー局が大騒ぎだ。来季限りで引退の意向を示している浅田真央(24=中京大)の争奪戦である。

「各キー局が浅田をいっそのこと局員にしてしまおうと動いているんです。各局とも採用は終わっている。でも、浅田となれば話は別。人事制度を変えてでも迎え入れたい」(在京キー局関係者)

 浅田は現在、中京大学体育学部の4年生。ソチ五輪出場のため1年間休学していたが、現在は復学。来年3月に卒業するメドがついたという。

 獲得に血眼になっているのがフジテレビ、テレ朝、日テレの3局だ。

「フジとテレ朝はスケート連盟との太いパイプを生かし地道に接触しています。フジはスポーツ局でアシスタントディレクターとして働く元フィギュア選手の中野友加里を説得係に任命したらしい。さらに『すぽると!』のメーンリポーターに抜擢するという、かなり具体的な話まで聞こえています」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る