日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

主婦が反発?寺田理恵子が明かした「略奪婚の真相」に非難の嵐

 昨年、表舞台に復帰した元フジテレビアナウンサーの寺田理恵子(53)の発言が反発を招いている。コトの発端は、7日に放送された「ノンストップ!」(フジテレビ系)。「寺田理恵子53歳元祖アイドルアナ波乱半生初告白…夫の急死・略奪婚の真相」と題し、財閥御曹司との再婚劇や、その夫の急死など私生活を明かしたのだ。

 確かに、寺田の人生は波乱万丈だ。古巣の人気番組だった「オレたちひょうきん族」のサブ司会で人気に火がつき、1989年に3歳年上のテレビ制作会社ディレクターと結婚。長女を授かったが、夫の不倫相手の妊娠が発覚して98年に離婚した。

 その1年後に再婚したのが2歳年上のNEC元会長の長男で、電通勤務の関本雅一氏だった。当時、関本氏には妻子がいたため、「財閥の御曹司と略奪婚」などと激しいバッシングに遭った。

 番組で再婚当初を振り返った寺田は、「主人が独身だって言ってたので、奧さんとお子さんがいると聞いたときビックリしました。頭が真っ白になるくらいショックを受けて」。その関本氏はクライアントへの架空請求がバレて、00年に電通を懲戒解雇。12年に大動脈瘤破裂で心肺停止となり、54歳の若さで亡くなった。2人の娘を持つ寺田は、家計を支えるためにベビーシッターのアルバイトなどにも汗を流したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事