CM、カレンダー…松岡修造は“錦織特需”でいくら稼ぐ?

公開日: 更新日:

 広告代理店関係者はこの修造人気について、「昨年、大活躍した錦織効果もあるけれど、愛妻家で3人の子持ち、スキャンダルと無縁な松岡の熱血キャラがスポンサー企業に非常にウケがいい。テレビCMに関していえば、松岡さんと競合したら『まず勝てない』と言われるほど。CM1本当たりのギャラは3000万~4000万円といわれる」と話す。

 キャスター業やタレント業での収入、さらに日本テニス協会理事の収入もあり、まさにテレビ、著書、CMの“グランドスラム”状態。5億円超といわれる賞金を手にした愛弟子・錦織を上回るギャラを手にしていることは確実だろう。

 もともと松岡は名家の出身で、曽祖父が阪急グループ創業者の小林一三、父は東宝社長。その他親族には社長や役員が勢揃い。本来なら経営者の道に進んでいてもおかしくなかったが、家族の反対を押し切ってテニスの道を選んだ。そのため親からの援助も受けられず、貧乏生活をしながらトッププレーヤーの地位を手に入れた苦労人。

 今年は愛弟子・錦織とともにさらなる大活躍の一年となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る