あいざき進也が明かす…アイドルからボーヤに転落した壮絶

公開日: 更新日:

 1970年代に大人気アイドルとして活躍し、最近は「同窓会コンサート」でライブ活動が忙しいあいざき進也さん(58)。アイドルブーム後は、何とあの大物のバンドボーイを務めたことも。

■“新新ご三家”が一転、ボーヤの仕事を…

 74年デビュー当時は新新ご三家などアイドルブームだったから、17歳からの3年間はそりゃ、目まぐるしかったですよ。

 1年目から全国縦断コンサートをやり、とにかく「アイドルあいざき進也」をこなすことに必死でした。寝る暇がないくらい歌詞、振り、コンサート用の英語の歌まで、覚えることが多過ぎた。

 マネジャーに「小柄で運動神経いいんだからアクロバットをやれ」と言われて、習いにも行った。バック転をするアイドルのはしりでした。最終的には空中ブランコまでやりましたからね(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る