日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評論家・前田有一氏が映画で読み解く「キューバ国交正常化」

 半世紀にわたる対立を経て、オバマ米大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長が国交正常化に向け動き出した。そんな中、この歴史的瞬間を予期、祝福するかのような親キューバ映画が28日から公開される。失業したシェフが一念発起、幼い息子とキューバサンドの移動販売をしつつ全米を横断するロードムービー「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(14年、米)だ。

 この映画の何が思わせぶりかって、キューバ人のソウルフードたるサンドを、主人公が全米で売り回りつつ各州の郷土料理とミックスさせ、改良する展開だ。まるでキューバと米国のように、主人公と仲の悪いグルメ評論家が出てくるが、彼がこのサンドをどう評価するか。その後の2人の驚くべき行動とは!?

 あまりにデキすぎた、単なるハッピーなグルメ映画の枠にとどまらない、まさに2国間の和解時代にふさわしい作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事