ひとり険しい表情で…満島ひかり 必死の生脚パンチラ対策

公開日: 更新日:

 50分間の会見中、スースーしっぱなしだったに違いない。満島ひかり(29)が18日、映画「駆込み女と駆出し男」(5月16日公開)の完成報告会見に出席。「ラップスカート」と呼ばれる一枚布をくるりと巻いた必要最小限の縫製のみを施すセクシーなボトムスを着こなして登場した。

「大泉さんとの芝居のやりとりで印象的なシーンはないですね」

「いやいや、そんなことないでしょ、希林さん!」

 といった具合に、着席スタイルのトークでは主演の大泉洋(41)と、樹木希林(72)が芸人顔負けの丁々発止のやりとりを展開。終始、笑いの絶えない会見となったが、大泉の隣の満島だけは険しい表情で……。スカートの割れ目を手で押さえ続け、“パンチラ”対策を講じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る