「さいはてにて」主演の永作博美 プライベートも珈琲にハマる

公開日:  更新日:

 映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」で、焙煎珈琲店の女主人を演じた永作博美さん(44)。一昨年、撮影現場で珈琲の奥深さを体験して以来、私生活でも珈琲にドップリ。

 11年前、「さいはてにて」のプロデューサーは雑誌の記事に目を留めた。奥能登の海辺で焙煎珈琲店を営む女主人のもとに人々が集う光景について書いたものだ。

 店名は「二三味珈琲」。切り盛りするのは二三味葉子さん。その魅力的な人柄そのままの珈琲が人に出会いをもたらす――プロデューサーは長年企画を温め、オリジナルストーリーを映画化した。メガホンは台湾のチアン・ショウチョン監督。主演は「八日目の蝉」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した永作さんだ。

 それまでは「珈琲はどれも同じ」と思っていたそうで、こだわりがなかった。モデルになった二三味さんは年間9トンもの珈琲をひく、伝説的な女主人。豆の選び方から焙煎、珈琲を抽出していくところまで、プロの作業を間近で見て、舌で確かめる作業に没頭した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る