どぶろっがく語る「もしかしてだけど」ネタに化けた赤貧生活

公開日: 更新日:

「もしかしてだけど~」の歌ネタでブレーク中のどぶろっく。保育園で出会った2人はそれぞれの道を歩んだのに、結局は東京でコンビを組んで一緒に貧乏暮らしを……。

◇ ◇ ◇

森) 僕ら、芸人になるまでの間にサラリーマンの経験がないんで、おカネがないのは当たり前。僕は大学卒業後、ひとりで役者を目指して上京しました。

江口) 俺は地元でカッコいい仕事に就こうと思ったけど、すぐ辞めちゃって。「カメラマンってカッコいいなぁ」とカメラマンの会社に入ると、周りはずっとカメラが好きな人ばかりで、「何となく入った俺なんてかなわないなぁ」と。3日で辞めて、3日分の給料をもらいに行ったらイヤな顔された。

 他には探偵。面接の日に事務所を訪ねると、「面接担当が現場に出てるから行ってくれ」と。行かされた場所がビルのロビーで、面接官が誰かを見張ってた。「君もやってみな。この人を待ってるんだ」って、張ってる人の写真見せられて。それから2時間話して、突然「もう帰っていいよ」と。「写真の人は?」と聞くと、「もう通った」って。俺は話に夢中で気づかなかった。結局落とされました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る