どぶろっがく語る「もしかしてだけど」ネタに化けた赤貧生活

公開日:  更新日:

「もしかしてだけど~」の歌ネタでブレーク中のどぶろっく。保育園で出会った2人はそれぞれの道を歩んだのに、結局は東京でコンビを組んで一緒に貧乏暮らしを……。

◇ ◇ ◇

森) 僕ら、芸人になるまでの間にサラリーマンの経験がないんで、おカネがないのは当たり前。僕は大学卒業後、ひとりで役者を目指して上京しました。

江口) 俺は地元でカッコいい仕事に就こうと思ったけど、すぐ辞めちゃって。「カメラマンってカッコいいなぁ」とカメラマンの会社に入ると、周りはずっとカメラが好きな人ばかりで、「何となく入った俺なんてかなわないなぁ」と。3日で辞めて、3日分の給料をもらいに行ったらイヤな顔された。

 他には探偵。面接の日に事務所を訪ねると、「面接担当が現場に出てるから行ってくれ」と。行かされた場所がビルのロビーで、面接官が誰かを見張ってた。「君もやってみな。この人を待ってるんだ」って、張ってる人の写真見せられて。それから2時間話して、突然「もう帰っていいよ」と。「写真の人は?」と聞くと、「もう通った」って。俺は話に夢中で気づかなかった。結局落とされました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る