志村けん絶賛 芸人タブレット純は“元・世捨て人”の異色経歴

公開日: 更新日:

 02年からマヒナスターズのボーカル・田渕純として2年間、04年にリーダーの和田弘が亡くなるまで活動していたのだから、歌がうまくないわけがない。その後、ソロになり、タブレット純という名でスナックを回り、歌っていた。しかし、寄席やお笑いライブなどに出演するようになり、ネタがないことに違和感を覚え、いつの間にかネタを披露する芸人になっていたという異色の経歴を持つ。

「前歴も異色ですが、私生活も異色です。介護ヘルパーの資格を持っていて、今でも週2~3日は老人の介護をしている。デビュー前は古本屋で8年間アルバイトをし、土日はティッシュ配りをしている世捨て人だったと言っていますが、この頃に蓄えたマニアックな博識が今も役立っている。さんまの番組に出演した時には、小声と野太い声を使い分けるトークでさんまを大笑いさせていた。さらに物真似する時に準備する似顔絵も自分で描くなど多才。奥の深い芸人です」(テレビ関係者)

 さらに、昨年は「芸人報道」(日本テレビ系)で、自分が同性も好きなバイセクシュアルでもあると父親にカミングアウトして、お茶の間を驚かせた。リズム芸の一発屋とは一線を画した異色のお笑い新勢力。意外にしぶとく生き延びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る