「今は若さだけ」橋本マナミが佐野ひなこに敵意むき出しの理由

公開日: 更新日:

 16日、「日本の烏龍茶 つむぎ」の初出荷祭に橋本マナミ(30)と脚本家の三谷幸喜(53)が登場。「平成の団地妻」「愛人にしたい女ナンバーワン」などのキャッチフレーズで活躍中の橋本はこの日、茶摘み衣装でGカップボディーを封印したが、「実は三谷さんの大ファンだったんです」と突然、誘惑。三谷は「また機会があればぜひ……」とたじろいでいた。

 そんな橋本、そろそろ「愛人キャラ」が飽きられてきたことを肌で感じているのか、15日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で意外な毒舌キャラを披露して話題になっている。グラビアアイドルの佐野ひなこ(20)に対してライバル心むき出しで、「今は若さだけ、10年もすればくびれもなくなる」「コンビニに行ってその子(佐野)が表紙の雑誌があったら後ろに回します」とケチョンケチョン。周囲がおぜん立てした仲直りのランチの誘いも断るほどだった。

 貞淑な「団地妻」が一変、年下女への嫉妬心をあらわにする「痛女」への方向転換。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「狙いは悪くない、というか芸能界では古典的な手です。和田アキ子さんのように、自ら相手を攻撃して敵をつくって物議を醸すことで話題にし、マスコミに取り上げさせるというやりとりは珍しいやり方ではない。ビートたけしが自分の弟子に『困ったらオレの悪口を言えよ』と言っていたように、話題に上ったモン勝ちの世界のケンカはほとんどが“プロレス”。ケンカを売られた側も話題になるので、本当の不仲は表に出さないのです。そんな虚飾だらけの芸能界を肌で理解している橋本さんの心構えはいい。芸能界で生き残るためなら何でもアリですよ」

 デビュー18年。芸能界の酸いも甘いも噛み分けた三十路女の生存本能は思った以上に鋭いのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか