「高校生ブルース」で関根恵子の相手役 内田喜郎さんは今

公開日: 更新日:

 関根恵子(現・高橋恵子=60)がオールヌードで鮮烈なデビューを飾った映画「高校生ブルース」(1970年)で相手役だったのが内田喜郎さん(61)だ。甘いマスクの青春スターとして映画やテレビドラマで活躍していたが、ぷっつり姿を消した。今どうしているのか。

「きょうはこれから新橋のライブハウス『月夜の仔猫』でシャンソンを歌います。四国や京都からわざわざ足を運んで下さる、熱心なファンの方もいらっしゃいましてね。ホント、うれしい限りです。俳優? もう辞めて、かれこれ26年になります」

 東京・銀座4丁目に近い喫茶店で会った内田さん、まずはこういった。

「27歳だったでしょうか。それまでは若さを武器に勢いだけでやってきたけど、自分に役者として力が本当にあるのか。そんな疑問を持つようになり、急に芝居に自信がなくなっちゃって。結果、少しずつ仕事を減らしていき、昭和が終わるのとほぼ同時に役者を辞めました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る