80年代のような活況 「歌番組」なぜいま“復活”の兆しなのか?

公開日:  更新日:

 なんだかテレビの歌番組が1980年代の様相を呈してきた。フジテレビは森高千里(45)を司会に起用して新音楽番組「水曜歌謡祭」を始める(4月15日から)というし、2日はCSの歌謡ポップスチャンネルが「クロスカヴァー・ソングショー」(5月6日から)をスタートさせることを発表し、1回目のゲストとなる堀内孝雄(65)と柏原芳恵(49)が記者会見した。

 すでに同局では12年から元NHKの宮本隆治を起用して「歌謡ポップス☆一番星」を放送しているし、BSでも13年からは徳光和夫の司会で「名曲にっぽん」(BSジャパン)をやっている。

 80年代といえばTBSが「ザ・ベストテン」、日テレが「トップテン」、NHKが「レッツゴーヤング」、フジでは「夜のヒットスタジオ」、テレ東も「ヤンヤン歌うスタジオ」など、各局が日替わりで歌番組を流していた時代。いつの間にか1つ減り、2つ減りしていたが、また当時の活況に戻りつつある。どうしてか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る