80年代のような活況 「歌番組」なぜいま“復活”の兆しなのか?

公開日:  更新日:

 なんだかテレビの歌番組が1980年代の様相を呈してきた。フジテレビは森高千里(45)を司会に起用して新音楽番組「水曜歌謡祭」を始める(4月15日から)というし、2日はCSの歌謡ポップスチャンネルが「クロスカヴァー・ソングショー」(5月6日から)をスタートさせることを発表し、1回目のゲストとなる堀内孝雄(65)と柏原芳恵(49)が記者会見した。

 すでに同局では12年から元NHKの宮本隆治を起用して「歌謡ポップス☆一番星」を放送しているし、BSでも13年からは徳光和夫の司会で「名曲にっぽん」(BSジャパン)をやっている。

 80年代といえばTBSが「ザ・ベストテン」、日テレが「トップテン」、NHKが「レッツゴーヤング」、フジでは「夜のヒットスタジオ」、テレ東も「ヤンヤン歌うスタジオ」など、各局が日替わりで歌番組を流していた時代。いつの間にか1つ減り、2つ減りしていたが、また当時の活況に戻りつつある。どうしてか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る