80年代のような活況 「歌番組」なぜいま“復活”の兆しなのか?

公開日: 更新日:

 なんだかテレビの歌番組が1980年代の様相を呈してきた。フジテレビ森高千里(45)を司会に起用して新音楽番組「水曜歌謡祭」を始める(4月15日から)というし、2日はCSの歌謡ポップスチャンネルが「クロスカヴァー・ソングショー」(5月6日から)をスタートさせることを発表し、1回目のゲストとなる堀内孝雄(65)と柏原芳恵(49)が記者会見した。

 すでに同局では12年から元NHKの宮本隆治を起用して「歌謡ポップス☆一番星」を放送しているし、BSでも13年からは徳光和夫の司会で「名曲にっぽん」(BSジャパン)をやっている。

 80年代といえばTBSが「ザ・ベストテン」、日テレが「トップテン」、NHKが「レッツゴーヤング」、フジでは「夜のヒットスタジオ」、テレ東も「ヤンヤン歌うスタジオ」など、各局が日替わりで歌番組を流していた時代。いつの間にか1つ減り、2つ減りしていたが、また当時の活況に戻りつつある。どうしてか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る