• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

菊地凛子ますますハッスル 染谷将太との11歳差婚が活力源か

 恋する女はエネルギッシュになるらしい。11歳年下の染谷将太と元日に入籍を発表した菊地凜子(34)のことだ。つい先日も、初めて母親役を演じる主演映画「ラスト・サマー」の舞台挨拶で「どうしたら母性が出るか考えた。結局、母と子供は言葉ではないところで分かち合って行くものだと思った」と語り、精力的に映画をPRしていた。

 そもそも染谷との結婚は、昨年11月、女性誌で“ベロチュー”現場をキャッチされたのがきっかけだった。

「2人の出会いは13年秋。文化庁の文化交流使としてイスラエルに留学する俳優の森山未來の送別会でした。当初は染谷にとって菊地は“ハリウッドで活躍中の尊敬する先輩女優”だったのですが、菊地の積極的なアプローチで、尊敬から恋愛に発展しました」(映画関係者)

 前述の通り、真剣交際が始まってからの菊地の仕事ぶりは目を見張るものがある。「ラスト・サマー」主演のほか、この16日から始まるWOWOW連続ドラマ「夢を与える」(土曜22時~)にも主演。同ドラマは芥川賞作家・綿矢りさ原作小説の初ドラマ化で、菊地は娘に芸能界のスターになる夢を託す母親を演じる。菊地は「Rinbjö(リンビョウ)」名義で同番組の主題歌も担当するマルチぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る