俳優・加藤健一さんは“静かな酒”が好き 「芝居の話は抜きで」

公開日:  更新日:

 1970年代につかこうへい事務所の舞台「熱海殺人事件」「蒲田行進曲」などで活躍した加藤健一さん(65)。一人芝居「審判」を上演するためにつくった「加藤健一事務所」は今年で35周年を迎えた。テレビに出るより舞台が好きという根っからの舞台俳優だ。

 高校を卒業して半年だけサラリーマン生活をしたことがあるけど、あとは俳優修業のためにアルバイトしながら養成所で芝居の勉強をしていたので、いつも金欠。喫茶店に行くお金もなかったですね。でも、お酒は嫌いじゃないから、新宿で友人がやっていた飲み屋に行っては飲ませてもらっていました。ツマミを頼むと高くつくから安いお酒を時間をかけてゆっくり。サントリーの白(ホワイト)は手が出ないから赤(レッド)です。ダルマ(オールド)なんか高根の花でした。

 今のような焼酎ブームのはるか前ですから、主流はウイスキー。映画を見てると、よく石原裕次郎さんがハイボールを頼むシーンがあって、ウイスキーがカッコよく見えた時代です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る