三浦マイルド R-1優勝賞金500万円使い切り今もバイト中

公開日: 更新日:

 大阪NSC(吉本総合芸能学院)を卒業して芸人の第一歩は02年。最初はコンビやったんですけどすぐにピンになり、「R─1」にはその年に行われた第1回からチャレンジしました。

 なかなか芽が出なくて、初めてギャラをもらったのはデビューから6年後。金額は500円でした。今でもその振り込み明細書を大切に保管してます。

 手取りのギャラが1万円を超えたのは、さらに4年後の12年。34歳の時ですわ。我ながら感動しました。その明細書も持ってます。

■母に200万円、寄付を50万円、残りは…

 そんな生活やったから賞金500万円の「R─1ぐらんぷり」で優勝した時は、逆にケタが多すぎてイマイチ、ピンとこんかった。夢なんちゃうんかって。

 使い道ですか? まず源泉徴収されて振り込まれたのは410万円。ボクは母子家庭なんで、そこから200万円をそれまで心配させたことへの罪滅ぼしとして母にプレゼントして、社会貢献もせなイカンということで50万円を寄付。で、70万円ほどを、精進落としでソープとか風俗で使いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る