碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

ドラマ「ちゃんぽん食べたか」 さだまさしのルーツ辿る時間旅行

公開日: 更新日:

【連載コラム 「TV見るべきものは!!」】

 さだまさしの伝記ドラマと聞いて、当初は懐疑的だった。半端な成功物語や自慢話なら勘弁してほしいからだ。しかし実際に見てみると、普遍性のある青春ドラマとして、よくできている。

 主人公の雅志(菅田将暉)は高校2年生だ。プロのバイオリン奏者になるべく長崎から上京し、芸大を目指して下宿生活を送っている。本来はバイオリンに集中すべきなのだが、級友たちと文化祭を盛り上げたり、バンドのコンテストに出場してみたりと、やや現実逃避気味。無意識ながら、自分探しの渦中にある。

 まず、菅田をはじめ若手俳優たちに注目だ。級友役の間宮祥太朗、泉澤祐希。やがて、さだと組んで「グレープ」を結成する吉田政美を演じる本郷奏多。そしてドラマの中のマドンナ的存在である森川葵。今後の成長株が顔を揃えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  6. 6

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  7. 7

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  8. 8

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  9. 9

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

  10. 10

    GM会議でも評価低く…西武・秋山に囁かれる年齢以外の問題

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る