日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

愛之助を起用 ドラマ「LOVE理論」はキャスティングの勝利

【連載コラム 「TV見るべきものは!!」】

 モテるんだねえ、片岡愛之助。熊切あさ美の次は藤原紀香だという。歌舞伎界には「芸の肥やし」というありがたい言葉もあるので、この騒動をしっかり収めて、舞台に精進してもらいたいものだ。

 その愛之助が、何ともタイムリーなドラマに出演している。その名も「LOVE理論」(テレビ東京系)。茨城から東京に出てきた大学生(大野拓朗)が、「モテたい」という夢を必死で追いかける物語だ。愛之助は、大野のバイト先であるキャバクラの店長。しかも、“恋愛理論の達人”という裏の顔を持っている。

 大野がアプローチしているのは、新人キャバ嬢として入店してきた、同じ大学の女子学生(清野菜名、好演)。毎回、愛之助が大野に授けるLOVE理論が笑える。たとえば、わざと障壁をつくって相手を揺さぶる「ロミオとジュリエット理論」。また、トラブルを抱えた相手に取り入るための「そんな事か理論」などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事