ピンク映画が新展開 「R15+」版を製作&一般映画館で公開

公開日:  更新日:

 先ごろ、ロマンポルノの“復活”が話題になったばかりだが、昔懐かしいピンク映画も新局面を迎える。老舗の大蔵映画が一般映画館向けのピンク映画を製作することを明らかにしたのだ。製作のスタイルはこんな具合――。

 まず、ピンク映画の企画を1つ立ち上げる。そこから18歳未満は見られない〈R18+〉と、15歳以上なら見ることができる〈R15+〉の2バージョンを作り、おのおの別々の映画館で公開しようというのである。

 前者は成人映画なので当然だが、成人映画館で公開。後者は濡れ場シーンをコンパクトにしてドラマ部分を充実させ、〈R15+〉版にして一般館で公開する。

 面白い試みだと思う。昔、ピンク映画を見まくった多くの人は、今はまったく成人映画館に通わなくなった。そんな成人映画館に行かなくなった人が再び、ピンクを一般館で見るいいチャンスとなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る