ピンク映画が新展開 「R15+」版を製作&一般映画館で公開

公開日: 更新日:

 先ごろ、ロマンポルノの“復活”が話題になったばかりだが、昔懐かしいピンク映画も新局面を迎える。老舗の大蔵映画が一般映画館向けのピンク映画を製作することを明らかにしたのだ。製作のスタイルはこんな具合――。

 まず、ピンク映画の企画を1つ立ち上げる。そこから18歳未満は見られない〈R18+〉と、15歳以上なら見ることができる〈R15+〉の2バージョンを作り、おのおの別々の映画館で公開しようというのである。

 前者は成人映画なので当然だが、成人映画館で公開。後者は濡れ場シーンをコンパクトにしてドラマ部分を充実させ、〈R15+〉版にして一般館で公開する。

 面白い試みだと思う。昔、ピンク映画を見まくった多くの人は、今はまったく成人映画館に通わなくなった。そんな成人映画館に行かなくなった人が再び、ピンクを一般館で見るいいチャンスとなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る