森高千里ライブに心配の声…「水曜歌謡祭」低迷で神話に陰り

公開日:  更新日:

「こんな低空飛行続きで、10月のライブは大丈夫なのか」――今週から先行発売が始まった森高千里(46)のライブについて、興行関係者からこんな余計な雑音が上がっている。森高を司会に起用して4月からスタートした「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)の視聴率が一向に上向く気配を見せないことから、ライブのチケット販売にも悪影響が出るのではないかというわけだ。

「それほど『水曜歌謡祭』の数字は散々です。水曜夜8時のゴールデンタイムというのに視聴率は初回から7.3%とヒトケタ台。ひどいときには3%台にまで落ち込んでいて、その影響からか、『水曜――』と同じく森高とアンジャッシュの渡部建が司会を務めた『FNSうたの夏祭り』も昨年よりガクンと数字を落としている。社内では“森高神話は終わった”として深夜枠への移動も検討されているそうです」(テレビ関係者)

 とはいえ、実際には10月に行われるライブ会場の「赤坂BLITZ」と「Zepp DiverCity」は収容人数がそれぞれ1200人と2500人程度だから、チケット(8640円)が売れ残ることはないだろうが、一部からはこんな声も聞こえてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る